クイーンS表彰式プレゼンターサイン

 

 

 7月28日、札幌競馬場で行われるクイーンSの表彰式プレゼンターは、札幌出身でホリプロに所属するサックス演奏俳優にして筋肉俳優でもある武田真治さんです。

 

 

 

 

筋肉と話す人のイラスト

 

 

 

 札幌北陵高校在学時にジュノン・スパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞し芸能界入り。バラエティー、声優、ナレーターと活動の場を広げています。

 

 

 

 武田真治さんは、殺し屋だけの食堂の常連の一人として、蜷川実花監督の映画『Diner ダイナー』に出演されています。殺し屋が殺し合う映画ですから、好き嫌いは分かれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 7月5日劇場公開されたこの映画の主演は、藤原竜也さんと玉城ティナさんです。殺し屋役で、窪田正孝さん、斎藤工さん、小栗旬さん、土屋アンナさん、奥田瑛二さんが出演されています。

 

 

 

 武田真治さんから、筋肉俳優、映画『Diner ダイナー』、殺し屋と発想を飛ばしても、クイーンSの表彰式プレゼンターサインの手がかりとなりそうなモノにはたどり着くことができません。

 

 

 

 26歳の時に顎関節症と診断されたことをきっかけに、全身に筋肉を付ける運動に取り組んだ武田真治さん。3年の時間を費やして、現在の肉体美を手に入れたそうです。

 

 

 

 武田真治さんを知れば知るほど、チャーミングな方であることがわかります。強引に持って行こうとしていますが、チャーミングからチャームで、ウラヌスチャーム、ミッキーチャームという発想はどうでしょうか。

 

 

 

 

ウラヌスチャーム、ミッキーチャーム

 

 

 

 

 

ブログ『アノマリー定点観測』に掲載される表彰式プレゼンターサイン記事内容の無断転載、文章を加筆しての転載は、禁止しております。無断転載の場合、原稿料として5万円を請求させていだきます。引用される場合は、出典元、引用元として、記事タイトル、ブログタイトルを明記してください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)