関屋記念 表彰式プレゼンターサイン

 

 

 日本初のスポーツ新聞を発行したった日刊スポーツによるレパードSのレース検討会は、懸念していた通りの結果に終わりました。読まなくなって久しくなるスポーツ新聞ですが、再び読むきっかけにはなりませんでした。

 

 

 

 

 

新聞を読む人のイラスト(おじいさん)

 

 

 

 

 

 気を取り直して、売り出し中の若手俳優、志尊淳さんが表彰式プレゼンターを務める関屋記念のサインアプローチです。志尊淳さんは、ワタナベエンターテインメントの若手俳優集団D-BOYSのメンバーです。

 

 

 ミュージカル『テニスの王子様』で俳優デビューしていますが、その存在を知るきっかけになったのは、主演を務めたテレビ朝日系列で放送された子供向けドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』ではないでしょうか。

 

 

 

志尊淳さんが演じたトッキュウ1号は、全身真っ赤な衣装でしたから、シンプルに赤の3枠を注目します。3枠を引き当てたのは、サラキアと丸山元気、ソーグリッタリングと浜中俊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまり深く考えないことにします。『烈車戦隊トッキュウジャー』の真っ赤なコスチュームのトッキュウ1号を演じた志尊淳さんが、表彰式プレゼンターを務める関屋記念ですから真っ赤な3枠から勝ち馬が出る、というシナリオで馬券を組み立てます。

 

 

 

 

 『烈車戦隊トッキュウジャー』の仲間のコスチュームのカラーは、イエロー、パープル、グリーン、ピンク。枠色として採用されているイエローの5枠、グリーンの6枠、ピンクの8枠が馬券に絡んでくれると、いいのですが…

 

 

 

 

 

 

ブログ『アノマリー定点観測』に掲載される表彰式プレゼンターサイン記事内容の無断転載、文章を加筆しての転載は、禁止しております。無断転載の場合、原稿料として5万円を請求させていだきます。引用される場合は、出典元、引用元として、記事タイトル、ブログタイトルを明記してください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)