ブレイクスルー(100切り、90切り、80切り、70切り)

 

 「涼しい夏」と言われ、真夏日がなかった7月上旬、3ケタをキープしていたウエストサイズの100切りを達成。時を同じくして、ゴルフスコアの100切りを3ラウンド連続で達成することができました。

 

 

 

 二十歳の頃との比較で、身長は約1.5㎝縮んでいるのに、体重は逆に約28㎏も増加してしまった中年オヤジ。意に介することなくビア樽体型をキープしてきましたが、肥満を要因とする高血圧症と診断されたことをきっかけに、ダイエットに取り組んでいます(現在進行形)。

 

 

 

 身長から割り出される標準体重は58.5㎏ですが、当面の目標は、21世紀に入ってから1度も切ったことがない70㎏の壁に設定。ちなみに、27年前の成人式当日の体重は47.8㎏。22年前の結婚式当日の体重は62.0㎏。7年前の娘の結婚式当日の体重は76.0㎏。

 

 

 

 涼しい夏となった7月。記録的な猛暑となった8月。厳しい残暑となった9月。記録的な大雨となった10月。日数にして123日と17日経過した現在(11月18日)は、ウエスト90切り、拡張期血圧(下の血圧)80切り、体重70切りと、次から次へとブレイクスルー。

 

 

 

ウエストを測っている男性のイラスト(ダイエット)

 

 

 

 現在、身長163㎝、体重69.8㎏、ウエスト88.9㎝。血圧は週平均で収縮期血圧(上の血圧)125mmHg、拡張期血圧(下の血圧)84mmHg。血圧に関しては降圧剤の助けを借りての数値であり、割引評価しなければなりませんが、太めとは言われても、デブとは言われない水準まで絞ることができました。

 

 

 

 20歳の体重から10㎏以上増加した人の高血圧リスクは、痩せている人より約5倍高くなるというデータがあるそうです。7㎏の減量に成功してなお、20歳の体重を22㎏上回っている現実があり、「まだまだ」の道半ばであることは百も承知しています。

 

 

 

ゴルフをしている人のイラスト(中年男性)

 

 

 

 

 とは言え、肥満外来のドクターから課せられた「まずは5㎏減量」というミッションはクリア。「できれば10㎏減量してください」のミッションについても、あと3㎏ですし、2つ目のミッションクリアとなればBMIは24.5となり、経口投与を続けているアムロジピン錠5mgともおさらばできる日が来るかもしれません。

 

 

 

 ゴルフの90切りについては、グリーン周りのアプローチに課題を抱えているため、現状では2020年以降のお楽しみとなっていますが、減量効果によってスイングの時にカラダが回るようになって、かっこ悪いオッサンスイングが大幅に改善しています。ウエストサイズに連動して、スコアアップしていきたいものです。

 

 

 

ブログ『アノマリー定点観測』に掲載される血圧に関するデータの無断転載、文章を加筆しての転載は、禁止しております。無断転載の場合、原稿料として5万円を請求させていだきます。引用される場合は、出典元、引用元として、記事タイトル、ブログタイトルを明記してください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)