ホープフルSプレゼンターサイン

 

 

 2019年最後のG1レースとなる12月28日の第36回ホープフルSのプレゼンターを務めるのは、新日本プロレス所属のプロレスラー、棚橋弘至さん、獣神サンダー・ライガーさんです。

 

 

 

 棚橋弘至さんは、1999年に新日本プロレスに入門し、誕生日となる10月10日に後楽園ホールでプロレスデビュー。初代U−30王者のほか、IWGPタッグ王座、IWGPヘビー級王座など、数々のタイトルを奪取されています。

 

 

プロレスのチャンピオンのイラスト(男性)

 

 

 

 覆面レスラーとして一世を風靡した獣神サンダー・ライガーさんですが、2020年1月の東京ドーム大会を最後に、31年間のプロレス人生に終止符を打つことが発表されています。

 

 

 棚橋弘至さんの誕生日は10月10日。獣神サンダー・ライガーさんの誕生日は11月10日。年代及び月は違っても、誕生日は同じ10日です。ホープフルSの10番は?

 

 

 7月の福島開催新馬戦で1番人気に応えて勝ち上がったディアセオリーです。デビュー2戦目の札幌2歳Sは、ホープフルSに出走するブラックホールの8着。3戦目の葉牡丹賞は、レコード勝ちしたグランデマーレの6着。

 

 

 前日発売の単勝オッズを見る限り、ディアセオリーの評価は高くはありません。中山競馬場に舞台を移してから…G1に昇格してから…どちらの視点から見ても、ホープフルSのふた桁人気馬に出る幕なし。

 

 

 ディアセオリーが出走した新馬戦、札幌2歳S、葉牡丹賞では、黄色い帽子の5枠の馬が、2着、1着、3着。ディアセオリーの隣枠は、3着、2着、3着。いずれも馬券対象となっています。

 

 

黄色い通学帽のイラスト(キャップ)

 

 

 ホープフルSの5枠を引き当てたのは、C.ルメールが騎乗するワーケア、C.デムーロが手綱を取るナリノモンターニュです。幸福の黄色いハンカチならぬ幸福の黄色い帽子となるのでしょうかねえ。

 

 

 ディアセオリーの隣枠は、クリノブレーヴ、パンサラッサの6枠と、ラグビーボーイ、ラインベックの8枠。2019年の流行語年間大賞に選ばれた「ONE TEAM」を持ち出すまでもなく、日本中を熱狂させたラグビーW杯2019日本大会。

 

 

 

ラグビーボーイ

 

 

 

 ラグビーボーイが、馬券対象にならないとすれば、それはラグビーW杯2019日本大会と「ONE TEAM」を無視することにならないのでしょうか? ラグビーボーイの単勝オッズと合わせて気になるところです。

 

 

 

棚橋弘至 10月10日生まれ

獣神サンダー・ライガー 11月10日生まれ

10日→10番

ディアセオリー

幸福の黄色い帽子

ラグビーボーイ

 

 

 

 

 

 

ブログ『アノマリー定点観測』に掲載されるアノマリーデータの無断転載、文章を加筆しての転載は、禁止しております。無断転載の場合、原稿料として5万円を請求させていただきます。引用される場合は、出典元、引用元として、記事タイトル、ブログタイトルを明記してください。

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)