フェブラリーS表彰式プレゼンターサイン

 

 

 フェブラリーSのスペシャルゲストは、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、帰蝶(濃姫)役で出演されている女優川口春奈さんです。10年以上も前から違法薬物を使用していたことが発覚した女優が降板させられ、その代役としての起用ですが、時代劇初挑戦を感じさせない演技で注目されています。

 

 

 

 芸能事務所研音に所属する川口春奈さんは、2月フェブラリーの10日生まれの25歳です。2月生まれの騎手は15名、調教師は17名います。2月10日生まれとなると、菊沢隆徳調教師、牧光二調教師がいますが、どちらも管理馬のフェブラリーS出走はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 川口春奈さんと同じ身長の丸山元気騎手の騎乗を密かに期待していましたが、こちらも騎乗がありません。川口春奈さんの時代劇初挑戦、大河ドラマ初出演を手がかりにするなら、初ダートの根岸Sを快勝し、ダートG1に初挑戦するモズアスコットです。

 

 

 

 

 

 

ブログ『アノマリー定点観測』に掲載される「プレゼンターサイン」の無断転載、文章を加筆しての転載は、禁止しております。無断転載の場合、原稿料として5万円を請求させていただきます。引用される場合は、出典元、引用元として、記事タイトル、ブログタイトルを明記してください。

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)